兵庫のおでかけスポット

ホーム > 兵庫のおでかけスポット > Vol.10 ふらっとバスで巡る 赤穂市のスポット散歩

vol.10 ふらっとバスで巡る 赤穂市のスポット散歩

MODEL COURSE 今回のモデルコース

赤穂駅~大石神社前~保養センター
A 大石神社前 大石神社
B あこうぱん
C あれやこれ屋&マチャイ
D 正福寺 三島製菓株式会社 三島屋本店
E 御崎 潮彩きらら 祥吉
F 銀波荘
G 天と海と菓子と SANPOU
H 東御崎 雲火焼展示館 桃井ミュージアム
I 赤穂市立野外活動センター 赤穂市立野外活動センター
赤穂市民病院~坂越駅~小島
J 木戸門 暖木 non-ki
K 坂越港 赤穂市指定有形文化財 旧坂越浦会所
L 坂越の生島

CITY SHISO MAP 宍粟市マップ

大石神社

歴史に名高い赤穂浪士四十七士を祀る神社。赤穂事件の真髄に触れてみては。

兵庫県赤穂市上仮屋旧城内
開園:24時間・赤穂大石神社義士
史料館は8:00~17:00
入場料:無料(赤穂大石神社義士史料 館は大人420円、 子供無料、団体割引あり)
P:無料駐車場あり
アクセス/JR播州赤穂駅から徒歩15分 、
山陽自動車道赤穂ICから10分
最寄りのバス停 大石神社前


赤穂義士たちが吉良邸に討ち入りを果たした事で有名な、赤穂四十七義士などを祀る神社で、
大願成就に御利益があると言われている。赤穂義士に関する資料を展示した、赤穂大石神社義士史料館も併設され、
赤穂義士や浅野内匠頭長矩関係史料をはじめ、浅野家の後代の城主森家の史料や大石神社への奉納品を収蔵し展示している。


あこうぱん

遊び心いっぱいのパン。 素直に「美味しい」がこぼれる「街のお母さん的存在」の人気店。

定休日 日曜日
〒678-0233
兵庫県赤穂市加里屋中洲6-24
TEL・FAX 0791-42-3565
営業時間 6:00~18:30 駐車場 6台
ako@akopan.com
http://www.akopan.com/
最寄りのバス停 大石神社前


「播州製菓」の3代目が展開する「街のお母さん的存在」のパン屋さん。
地元のみならず遠方からもわざわざ訪れる人もいる記憶に残る個性パンが人気。
中でも、赤穂丸尾牧場(黄綬褒章を授与されました)の生乳で作ったこだわりいっぱいの「あこうクリームパン」130円は、 その濃厚なミルク風味がたまらない。
一見、変わった形だが、一番美味しく味わえる、行き着いた形がこれだ。パッケージのモーモー袋は学校給食の牛乳パック をモチーフにしているなど、アイデア満載で、また食べたいと思わせる渾身の逸品。 そして赤穂名物として話題の「アコウバーガー」は赤穂義士をモチーフに展開されている。
すぐに売り切れてしまうので油断大敵!
おいしさはもちろん「おはよう」「こんにちは」と自然な会話がとびかう居心地の良さも人気の理由。
併設のイートインでは、出来立てをゆっくり味わうこともできる。


あれやこれ屋&マチャイ

元ガソリンスタンドの建物をそのまま、雑貨屋に。

定休日 木・第2、4、5日曜日
営業時間11:00~18:00
〒678-0233 兵庫県赤穂市加里屋 中州6-63
TEL 0791-42-1688
FAX 0791-42-1688
aremacha03@vivid.ocn.ne.jp
最寄りのバス停 大石神社前

5%割引きします


女性2人で営む「あれやこれ屋&マチャイ」さん!
元ガソリンスタンドの建物をそのまま雑貨屋にしているせいか、外観だけでは雑貨屋とは解らない。知る人ぞ知る的なお店だ。
高い天井にはバッグが所狭しと吊るされている光景には驚きがかくせない。食器や陶器、ガラスもてんこもり状態。 豊富な品揃えさが一目でわかる。中でも世界中から買い付けたかわいい小物は大きな魅力だ。
流行を取り入れながらも長く使え、長く着られるものを選んでいるので、幅広い年代に好評。
商品は頻繁に入れ替わるので、アイテムのチェックがてら、何度でも通いたくなる楽しいお店になっている。
元事務所だった店の奥にカウンター式のカフェスペースがありコーヒー・お抹茶(各350円おかし付)で寛げるのがうれしい。
いつ来ても新しい商品と楽しいオーナーがいる新鮮なお店は、要チェック!


三島製菓株式会社 三島屋本店

「まずは、食べて下さい。食べたら分かるよ。」と気さくなおもてなし。

定休日 年中無休
営業時間8:00~19:00
〒678-0215 兵庫県赤穂市御崎341-1
TEL 0791-42-2024
FAX 0791-56-9050
最寄りのバス停 正福寺前

消費税サービス。


「まずは、食べて下さい。食べたら分かるよ。」と気さくなおもてなし。
店内の2畳の茶室でいただく饅頭に癒される。
人気の塩味饅頭は赤穂の塩と北海道の小豆を使った自家製餡が自慢で、創業から代々受け継がれた製法を守り、 まきでじっくり炊きあげ、上品な甘さに仕上げている。 ひとつ一つ、丹誠込めた味は、「塩味饅頭」といえば三島製菓さんといわれているのは、納得。
白、抹茶、きな粉の3種類があり、きな粉が一番人気だそうだ。
化粧箱や包装紙にもこだわり、江戸時代後期の著名な浮世絵師 歌川貞秀作「忠臣蔵義士本望の図」が使われている。
包装紙が欲しいというお客さんもいるとか。
その他にも「残月(ざんげつ)」「赤穂城もなか」なども◎


潮彩きらら 祥吉

海の見える露天風呂で夕陽を眺めながらやすらぎと癒しの湯

定休日 無
〒678-0215 兵庫県赤穂市御崎2-8
TEL 0791-43-7600
FAX 0791-42-1241
info@ako-shokichi.com
http://www.ako-syokichi.com
最寄りのバス停 御崎

館内売店で御提示頂くと
全商品5%オフ


穏やかな瀬戸内に面する様に位置する祥吉は、館内のどの場所からもきらきらと輝く海景色を御覧頂く事がで、 又、夕陽百選にも選ばれた当地からの夕陽は絶景!
瀬戸内海に最も近い場所に建てられた浴場の露天風呂は、波の音や潮風を感じながら湯浴みもお楽しみ頂けます。
お部屋は、いずれも木と畳のぬくもりある和室。大きな窓から差し込む陽の光と、見渡す瀬戸内海がやさしく時の流れを紡ぐ。
着心地の良い作務衣でいただく料理は瀬戸内で掲げる四季折々の食材を匠の技で祥吉らしく仕上げた贅沢の極みだ。


銀波荘

自然と調和する和の心と海を望む露天風呂は瀬戸内海が一望できる 汐風を感じながら身も心も蕩ける

〒678-0215兵庫県赤穂市御崎2-8
TEL 0791-45-3355
FAX 0791-45-2828
info@ginpaso.co.jp
http://www.ginpaso.co.jp
最寄りのバス停 御崎

赤穂の潮を使った「塩サイダー」を
宿泊者全員にプレゼントします。


赤穂義士の故郷、そして塩の名産地としても知られる赤穂。
赤穂御崎は「日本の夕陽百選」にも選ばれる屈指の観光地で温泉地としても人気を集めている。
目の前に広がる海の延長線にいるかの様な感覚でその絶景とともに湯ったりと湯に身を任せる。
オープンしたばかりの「天海の湯」は幅14mの大パノラマ半露天風呂。瀬戸内海を一望できる自慢の演出。
心地よい潮風を感じながら入る崖の上の源泉100%の露天風呂はきっと満足いただけるはず。
源泉100%の露天風呂が話題を呼んでいます。岩と海がモチーフの「岩海の湯」も自然の岩を生かした設計で女性に評判です。
部屋の窓からは四季折々に変化する海を満喫しながら、瀬戸内の新鮮な魚類や県内産の米や野菜などをふんだんに使った 会席料理は絶品。細やかな心配りのおもてなしは、至福の時間。


天と海と菓子と SANPOU

時間がゆっくり流れているカフェ。海を見ながら贅沢なコーヒーで一服。

定休日 水曜日
営業時間10:00~18:00
〒678-0215 兵庫県赤穂市御崎2-1
TEL 0791-42-5155
FAX 0791-42-5155
最寄りのバス停  御崎


「伊和都比売神社の境内にかわいいカフェ。店内は小さいながらもゆったりとした空間で、心穏やかに、 ここだけが時間がゆっくり流れている様。窓から海が見える席もあり、ロケーションが最高。
ショーケースにはその日のケーキと、別の棚に焼き菓子が陳列されている。 中でもお勧めが、「デーツと煮りんごのルレ 294円」はナツメヤシの果実のオリジナルソースと自家製の煮りんごを レミーマルタン58°で直前にソテーして一緒に巻いたロール菓子。
紅茶・コーヒーのメニューの豊富さは、こだわりの証拠!オリジナルブレンド 472円はキリマンジャロマサマを配合した 独自のブレンドとか。とにかく、「ウマ!」と言ってしまう味をご賞味していただきたい。
赤穂のお土産として人気がアップしている「かもめに乗ったソルト兄弟(1050円)」はSANPOUの手作り。
それに包装紙は赤穂御崎の夕日の景色を自作の切り絵でデザインしたもの!とお店全体がこだわりそのものだ。
7月中旬からは「手作りシロップのふわふわカキ氷」が登場!


雲火焼展示館 桃井ミュージアム

山と海が奏でる、風雅な時間を贅沢に。

休館日 火曜日
営業時間10:00~16:00
〒678-0215 兵庫県赤穂市御崎634
TEL 0791-56-9933
FAX 0791-56-9933
http://momoi-museum.com
最寄りのバス停 東御崎


赤穂御崎の四季折々の景色を一望できる高台に位置している。
館内は赤穂緞通や絵画、季節の草花が飾られており、所々に遊び心溢れる粋な演出が魅力的。
2階展示場には江戸後期に作られた赤穂の文化遺産である大嶋黄谷 (おおしまこうこく) の 【幻の雲火焼】 を展示している。
「幻の雲火焼」を現在に甦らせた雲火焼作家達の作品もあり、展示場の額縁から眺める日本夕陽百景に選ばれた景色はまさに絶景見た人の時間を忘れさせてくれる。
開放感に満ちたロビー、瀬戸内海の景色と水琴窟庭園を眺めながら、のんびり過ごせるオープンテラス。
オープンガーデンには様々な水琴窟(すいきんくつ)を設置し聴く人を魅了している。 癒しの水音に耳を傾けながら日常から離れた贅沢な時間がたのしめる。
プロポーズの丘や、恋人が気持ちを確かめる石のイスなど、カップル達にもお勧め! 貸切でのガーデンウェディングも出来る。


赤穂市立野外活動センター

自然の恩恵にふれ、自然に親しみ自然を学ぶ

〒678-0215
兵庫県赤穂市御崎708番地の1
TEL・FAX.0791-45-1067
受付時間 9:00~17:00
休館日 年末年始12月28日~1月 4日)
バスをご利用の場合
最寄りのバス停 赤穂市立野外活動センター


瀬戸内海国立公園に隣接し瀬戸内海が一望できるキャンプ場。洗い場、かまど、キャンプファイアー場、トイレなど完備し、 管理棟では60名まで宿泊できる。
自然の恩恵にふれ、自然に親しみ自然を学ぶには絶好の場所。
野外活動を通じて心身を鍛え社会生活規範を身につけられる。


暖木 non-ki

海から続く趣のある町並みに溶け込んだ、こだわりのアンティーク。

定休日 月~金(夏休み中は月・火定休日)
営業時間 10:00~18:00
〒678-0172 兵庫県赤穂市坂越2022
TEL 090-1240-7461
FAX 0791-48-0824
xrwwj485@ybb.ne.jp
http://www.milkandhoney-cafe.com
最寄りのバス停 木戸門

ドリンクALL¥100 OFF


古くからの建物が残る坂越の町並みで、こだわりの古家具と雑貨、お洋服の販売と古民家とマッチして、とてもオシャレなお店。
オーナーのセンスが詰まった店内は、所狭しと並べられているアンティーク雑貨に心がつかまれ、 古民家が出す雰囲気とゆっくり流れる空気感がとても心地よい。
ゆったりくつろいでいただける様に今年の4月よりcafeもオープン。
ランチには、神戸産黒毛和牛のカレー(自家製米)、新鮮野菜のサラダ付800円は地元の材料と黒毛和牛(神戸産)、自家製米とこだわり抜いた一品。限定12食程!
ティータイムには手作りのケーキを3~4種類、おいしいサイフォンコーヒーが頂ける。
暖木の畑でとれた新鮮な自家製野菜も販売しているヨ!


赤穂市指定有形文化財 旧坂越浦会所

江戸時代の風情を残す景観形成地区に指定された坂越の町並み

定休日 火曜日(祝日の場合翌日)
営業時間10:00~16:00 (入館は3時30分迄)
〒678-0172 兵庫県赤穂市坂越1446-2
TEL 0791-48-7770
FAX 0791-48-7770
3299@violin.ocn.ne.jp
http://ako-sakoshi.org/index.html
最寄りのバス停 坂越港


坂越港と千種川とを結ぶ低い峠越えの中心通り(近世には「大道」といった)を港側に下りきった所に位置し、 正面を港に向けまさに町並みの中心に立地している。
旧坂越浦会所の港に面した入母屋屋根は、平入りの町並みのなかでは隣接する奥藤家とともに景観上に得意な位置を占めており、歴史的港町のシンボルとしてその役割は極めて大きい。
行政や商業の事務を執るための坂越村の会所で、天保3年(1832)に建築された。1階が8間、2階に10間という広さ。
会所と同時に赤穂藩の茶屋的役割を担ており、2階には藩主専用の部屋「観海楼」が設けられている。
2階の「落之間」は一段低くされた小部屋で、低い窓越しに眼下まで迫っていた坂越湾を眺める事が出来、 会所日記によると、赤穂藩主やその家族達が祭礼見物や釣など遊興の際、休憩や宿泊に利用する藩主専用の部屋だったとか。
藩の茶屋機能をもった大規模な会所建築であり建築年代が判明していることと、会所日記が豊富に残っていたことから平成6年に天保年間創設時の様式に復元された。
「表之間」から坪庭を眺めると、周りの音が聞こえなくなる程、心が落ちつくのが実感できる。


坂越の生島

年に一度その扉が開けられる、神秘に包まれた神の島。

兵庫県赤穂市坂越生島
JR赤穂線 坂越駅徒歩15分で対岸着
最寄りのバス停 坂越港

赤穂の港町坂越の氏神である大避神社の沖に浮かぶ周囲1630mの小島。
古来より神域として人の立入が禁じられてきたため原生林の森が保たれている。
森林は常緑樹のスタジイ、アラカシなどから成る自然植生で、学術的価値の高さから生島樹林として、 大正13年12月9日に国の天然記念物に指定された。
また島内には7世紀半ばに畿内から坂越に逃れ、 この地で没した秦河勝の墓がある。10月の祭礼の日だけ、船戸御祭(ふなとぎょまつり)という船祭りがあり生島へ屋台が渡る。


私たちが回った周辺スポットです

  • 潮彩きらら 祥吉

    兵庫県赤穂市御崎2-8
    TEL/0791-43-7600
    MAP

  • 銀波荘

    兵庫県赤穂市御崎2-8
    TEL/0791-45-3355
    MAP

  • 天と海と菓子と SANPOU

    兵庫県赤穂市御崎2-1
    TEL/0791-42-5155
    MAP

  • 三島製菓株式会社 三島屋本店

    兵庫県赤穂市御崎341-1
    TEL/0791-42-2024
    MAP

  • 雲火焼展示館 桃井ミュージアム

    兵庫県赤穂市御崎634
    TEL/0791-56-9933
    MAP

  • 暖木 non-ki

    兵庫県赤穂市坂越2022
    TEL/090-1240-7461
    MAP

  • あれやこれ屋&マチャイ

    兵庫県赤穂市加里屋中州6-63
    TEL/0791-42-1688
    MAP

  • あこうぱん

    兵庫県赤穂市加里屋中洲6-24
    TEL/0791-42-3565
    MAP

  • 坂越の生島

    兵庫県赤穂市坂越生島
    TEL/
    MAP

  • 大石神社

    兵庫県赤穂市上仮屋旧城内
    TEL/
    MAP

  • 赤穂市指定有形文化財 旧坂越浦会所

    兵庫県赤穂市坂越1446-2
    TEL/0791-48-7770
    MAP

  • 赤穂市立野外活動センター

    兵庫県赤穂市御崎708番地の1
    TEL/0791-45-1067
    MAP